スポンサードリンク

Kids Duo Internationalの魅力!

説明会に参加してビビっ!!っと来た

ちょうど1年ほど前(2月)、引っ越しを検討し始めた我が家。

まだ2歳と年少さんの二人の子供たちがいたので、引っ越し先での保育園や幼稚園を探さなくちゃ!!っと検索していたら、たまたま4月開園の幼児園の説明会が開催されるという情報を見つけて、とりあえず説明会に行く予約をしました。

4月開園なのに、いまさら説明会や入園申し込みを始めるなんて、ずいぶん遅いな・・・

それが、KDIと私の出会いでした(笑)

若干不安な気持ちで娘をつれて説明会に参加。

会場は新規園のホール。

椅子はたくさん並べられていたけど、参加者は10名いるかいないか。

すごく少人数で「大丈夫か??」っとますます不安になりながらも説明を聞きました。

英語・知育・体操なんでもありの刺激だらけのカリキュラム!

KDIはバイリンガル幼児園ということで、担任の先生は日本人とネイティブスピーカーの先生が一人ずつの2名。

毎日のカリキュラムも、朝から夕方まで細かく決められていて、その大半が英語の授業!!

年少さんの時間割
年中さんの時間割

毎日かなりレベルの高い体操の授業(忍者time)もあり、毎日刺激だらけの園生活が過ごせるという。

日本語の時間も、もともとが幼児教室から始まった会社が運営している幼児園なので、質の高い知育の授業を行っていると説明がありました。

キッザニアに行かなくても毎週園で職業体験ができる!

さらに、毎週園内にある病院や図書館・スーパーやキッチンなどをつかって、キッザニアのような職業体験を行う時間(ラーニングステーション)があり、仕事をしてKIDドル(だったかな?)を給料としてうけとり、学期ごとにそのお金をつかって買い物をしたりと、社会学習もできるカリキュラムもあるという!

ラーニングステーション

私が通いたいぐらい楽しそう!!

もともと英語が大好きで、得意な娘。

当時通っていた幼稚園は「自由保育」が方針の園でカリキュラムが一切なかったので娘は退屈していて「いきたくない」っと、毎日私に言っていました。

KDIの説明会に参加した瞬間、とにかく刺激がたっぷりで、「大人の私が通いたい」と思えるほど楽しそうなカリキュラムが用意してあるっと興奮してしまいました(笑)

さらに、英語に一日中接しながらすごすことができるなんて、娘にとっては天国じゃないか!!

引っ越し先を決める前に入園を決めてしまった

とにかく、ビビビー!!っと来ました(笑)

体操も英語も知育も、9~17時までの保育の中で体験することができて、夏休みも冬休みもほとんどなく、楽しい毎日が送れる!!

たしかに、保育料は補助金がでるといっても、認可保育園や普通の私立幼稚園にいかせるよりはるかに高額ではありますが、絶対に娘や息子にとって「楽しく過ごせて、楽しく学べて、たくさんの刺激が得られる」環境になると確信をした私。

周囲の反対を押し切って、引っ越しを決める前に試験を受けて、入園を決めてしまいました。

最高の毎日を!!

っというわけで、現在2人の子供たちは土日になると「今日は幼稚園ないの?」っと残念がるくらい楽しく毎日を過ごしています。

私たちは新規開園で入園したため、それほど試験や面接が難しいものでもなく、定員まで生徒もいない状況ですが、これからきっと希望者がふえて、生徒もふえてくるだろうなっと思いますので、わかる範囲でKDIについて情報発信できれば誰かの役にたつかな??っとおもうので、時々ブログを更新したいと思います☆

園で使っている子供たちが大好きな知育グッズ